サイトトップ 前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
2012.04.19.更新

パリのモスケでお茶

パリで一番大きいモスケ

そこだけ北アフリカの世界に
そこだけ北アフリカの世界に
パリは4月に入ってからずっと曇りか雨の悪天候が続いています。皆が楽しみにしているお花見もおあずけの状態。そんな中、少し天気の良い日があったので、パリで一番大きいモスケでお茶をしました。

モスケとは英語でいうモスクで、イスラム教寺院のことです。パリのモスケはカルチェラタンにあります。高さ33mの美しいミナレット(塔)と六角形の屋根が目印。ここに入った途端、パリではなく完全に別世界にいる感覚になります。

典型的なイスラム建築

草花が生い茂る正面の中庭
草花が生い茂る正面の中庭
2つの庭の奥にある礼拝堂までのスペースは見学ができます。草花が生い茂り、中心に噴水が配置され、回廊で囲まれている中庭をはじめ典型的なイスラム建築の中庭を見る事ができます。

回廊の壁には、イスラム装飾の特徴でもある細かい幾何学模様が施されており、ついうっとり眺めてしまいます。2つ目の中庭の奥に礼拝堂があり、この日も何人かの信者がお祈りをしていました。このスペースは信者以外は入ることができません。
礼拝堂に面した中庭は草花がなく回廊で囲まれている
礼拝堂に面した中庭は草花がなく回廊で囲まれている
美しい緻密な幾何学模様の装飾はイスラム建築の特徴の一つ
美しい緻密な幾何学模様の装飾はイスラム建築の特徴の一つ

テラスが人気のサロンドテ

天気が良い時はテラス席が断然気持ちいい!
天気が良い時はテラス席が断然気持ちいい!
モスケは同じ敷地内にサロンドテ、レストラン、ハマムが併設されています。サロンドテは礼拝堂とは別の、植物園側からの入口から入ります。オンシーズンは木々が生い茂った庭を囲んでテラス席ができ、満席になることもしばしば。室内もイスラム装飾のインテリアが堪能できる素敵な空間です。

飲み物はお酒以外何でも揃いますが、皆飲んでいるのは名物のミントティー。本場では砂糖をたっぷり入れた甘いものを飲むそうですが、日本人の私たちには甘すぎるので、私はいつも「砂糖抜き」で注文します。ちなみに砂糖抜きのミントティーは本場では邪道のようで、このように注文するといつもウエイターさんに苦笑いされます。

オリエンタルな世界にトリップ

一度吸ったらやみつきになるシーシャ
一度吸ったらやみつきになるシーシャ
ナッツをふんだんに使ったアラブ菓子も充実。揚げているものが多く甘さも強めなので、さっぱり味のミントティーととても相性が良いです。それからシーシャも(水タバコ)またイスラム名物。リンゴ味の炭が2つついて、2〜3時間は楽しめます。

パリからオリエンタルな世界にトリップしたい時、ここモスケは一番のおすすめスポットです。

La Mosquée
39, rue Saint-Hilaire 75005 Paris
http://www.la-mosquee.com/
前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

最近の記事

隠れ家的、ロマンチックな美術館 09.13.
パリで見つけたこんなもの
おしゃれなラブホテルのテラスでランチ 09.05.
パリで見つけたこんなもの
マレ地区でタイムトリップ、カルナヴァレ美術館 08.21.
パリで見つけたこんなもの
中華街のど真ん中でカジュアル・フレンチ・ディナー 07.30.
パリで見つけたこんなもの
ジヴェルニー~モネの家を訪れる 07.10.
パリで見つけたこんなもの


s