サイトトップ 前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
2012.02.14.更新

フランスのバレンタイン

赤とハート一色のバレンタイン

バラ専門店Au Nom de la Roseのウインドウ
バラ専門店Au Nom de la Roseのウインドウ
2月に入り、パリの街もバレンタインモードに突入です。ショコラティエやパティスリー、花屋、雑貨屋などではバレンタインギフト用のショーウインドウになり、とても華やかになっています。

バレンタインといえば愛の日ということで、全体的に赤とハートがモチーフになっているパリのウインドウ。最近ではショコラティエも赤いハート形のショコラをバレンタイン用に作ったりしています。こちらで喜ばれるギフトは、お花(特にバラ)、お菓子、香水、下着……などなど。そう、こちらでは日本と違い、男性から女性にプレゼントするのが習慣となっています。女性にとっては嬉しいですよね。

何かを贈る、ということ以外でも男性が女性をディナーに招待する、お家で男性が手料理振る舞う・・・など、イベント的に楽しむ人たちも多いです。義理チョコや友チョコなんていう日本の習慣とは全く違うところが面白いですね。

赤一色の今年のバレンタインメイク

大音量の音楽と映像で注目を集めるランコムのイベントスペース
大音量の音楽と映像で注目を集めるランコムのイベントスペース
デパートのコスメ売場フロアでも、この時期にはバレンタイン用ギフトが並びます。特に今年は、メークにおいて赤が流行色ということもあり、ランコムの特設スペースではバレンタインに引っ掛けて、赤い口紅とネイルを大々的に宣伝していました。

その場でメイクをしてもらって、彼に見立ててもらう・・・なんていうのも素敵ですよね。普段は自分が一番!のフランス人女性も、この日だけは彼好みの女性に変身するのでしょうか。
ラデュレのバレンタインウインドウはシャンパンも並び豪華
ラデュレのバレンタインウインドウはシャンパンも並び豪華
ベルギーのショコラティエ、ピエール・マルコリーニのバレンタインショコラ
ベルギーのショコラティエ、ピエール・マルコリーニのバレンタインショコラ

バレンタインはアイデア勝負

サンジェルマンにニューオープンしたUn dimahche a Parisのウインドウ
サンジェルマンにニューオープンしたUn dimahche a Parisのウインドウ
真っ赤なバラの花束や香水は、もはやバレンタインプレゼントのスタンダード。実はちょっとセクシーな下着も人気だったりします。いかにもフランスっぽいものとしては、公共の街の掲示板や新聞の広告欄に愛のメッセージを載せることもよくあります。日本ではちょっと照れくさいと考えられそうなことも、こちらでは男性が堂々とやってのけたりします。さすがアムール(愛)の国フランス。

皆さんはどんなバレンタインを過ごしましたか?
前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

最近の記事

隠れ家的、ロマンチックな美術館 09.13.
パリで見つけたこんなもの
おしゃれなラブホテルのテラスでランチ 09.05.
パリで見つけたこんなもの
マレ地区でタイムトリップ、カルナヴァレ美術館 08.21.
パリで見つけたこんなもの
中華街のど真ん中でカジュアル・フレンチ・ディナー 07.30.
パリで見つけたこんなもの
ジヴェルニー~モネの家を訪れる 07.10.
パリで見つけたこんなもの


s