サイトトップ 前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
2012.01.27.更新

1月はガレットデロワを食べよう

1月のキリスト教の行事

1月はガレットデロワづくしに
1月はガレットデロワづくしに
フランスでは1月6日の公現節(epiphanie)に食べる習慣があるガレット•デ•ロワ。アーモンドのペーストとカスタードクリームを混ぜたレフィルをパイ生地で包んで焼いたお菓子です。1月になると、町中のお菓子屋さんのディスプレイがこのパイで埋めつくされます。

さて、このパイ、皆で食べられる美味しいパイというだけではないんです。1ホールに1つだけ小さなマスコット「フェーヴ」が入っていて、これが当たった人はその年幸運になれると言われていて、このゲームのような習慣が一つのイベントになっているのです。

味で選ぶか、フェーブで選ぶか

ミュロのフェーブは珍しい金属製
ミュロのフェーブは珍しい金属製
ガレット•デ•ロワはお店によって味がかなり違います。食べ比べたい人は、小さいホールを買うのがオススメ。フェーヴが入ってるので、基本切り売りはしていないのです。

フェーヴも形や材質はお店によってさまざま。基本は陶器製ですが、ジェラール・ミュロのようにエッフェル塔や凱旋門などのパリの名所をかたどった金属製のところもあります。ラデュレのフェーヴはマカロンだったりと凝ったものもたくさんあるので、フェーヴ欲しさに買ってしまうことも。
このような感じでフェーヴは隠れています
このような感じでフェーヴは隠れています
私がゲットしたフェーヴ。世界の女の子シリーズです。
私がゲットしたフェーヴ。世界の女の子シリーズです。

フェーヴが当たった人は王冠を被り、その年幸運が訪れる!

冷凍食品メーカーPicardのガレットデロワは、リーズナブルで人気
冷凍食品メーカーPicardのガレットデロワは、リーズナブルで人気
フェーヴが当たった人は、パイに必ず付いてくる紙製の王冠を被ります。もちろん記念撮影は必至!フランスでは、新年会を兼ねてこのイベントが毎週末のように行われます。

キリスト教のお祭りなのでなかなか浸透しにくいのかもしれませんが、クリスマスも国民的行事になってしまっている日本のこと、このガレットデロワもぜひ習慣になって欲しいですね。
前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

最近の記事

隠れ家的、ロマンチックな美術館 09.13.
パリで見つけたこんなもの
おしゃれなラブホテルのテラスでランチ 09.05.
パリで見つけたこんなもの
マレ地区でタイムトリップ、カルナヴァレ美術館 08.21.
パリで見つけたこんなもの
中華街のど真ん中でカジュアル・フレンチ・ディナー 07.30.
パリで見つけたこんなもの
ジヴェルニー~モネの家を訪れる 07.10.
パリで見つけたこんなもの


s