サイトトップ 前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
2011.04.19.更新

フード・デザイン展

パリからも日本を応援しています!

展覧会のテーマはズバリ、食!
展覧会のテーマはズバリ、食!
ご無沙汰しております。このたび、東日本大震災で被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

今回の震災に関してはフランスでも大々的に報道され、今では「pray for japan」の動きが広がっています。パリでも先日、在仏日本人のコミュニティが主催したチャリティーバザーが行われ、雨にも関わらずたくさんの人が集まり大盛況となっていました。今月にもまた新たなチャリティーバザーがいくつかあるので後にレポートできればと思っています。

中庭に面した隠れ家的なギャラリー

寿司や生春巻きなど、アジア料理の美しいプレゼンテーション
寿司や生春巻きなど、アジア料理の美しいプレゼンテーション
さて、話は変わり、今回はバスティーユ近くの隠れ家的なギャラリー、le lieu du designで行われている面白い展覧会をご紹介します。大通りから中庭に入ると左側の建物に見つけられるこのギャラリーはオープンして1年少しのデザイン専門のギャラリー。今回の展覧会のテーマはフード・デザインで、食をデザインの観点から見せるという試みです。

この展覧会は、フード・デザイナー/アーティストであるmarc bretillot氏によって実現しました。彼は、日本でも2005年に表参道のギャラリーで行われたフード・デザインイベント「Fresh Touch」にて「21世紀の狩猟と採集」として作品を提供し話題となりました。今回は、講師として教えているランスのデザインアート学校の中のヨーロッパ初である食学科の生徒、そしてプロのデザイナーの作品の合同展覧会となっています。

カラフルなデザインの食卓
カラフルなデザインの食卓
ユニークな調理ツールも
ユニークな調理ツールも

とにかく斬新なデザインが楽しい

チーズがレースになっているおしゃれなハンガーガー
チーズがレースになっているおしゃれなハンガーガー
フロアでは、料理そのものやプレゼンテーション、パッケージの作品がメインとなっており、一つのテーマで作られた複数の学生による作品が展示されたり、プロのデザイナーのコーナーでは一人一スペースで複数の作品を展示。右側の壁一面には、調理道具のユニークな作品がずらりと展示されています。

個人的には、ハンバーガーのチーズがレースになっていたり、シャケがタバコを吸っているスモークサーモンのパッケージが展示された「ユーモア」がテーマのスペースが特に印象的でした。今度は、日本が世界に誇る技術の一つである食品サンプルを是非扱って欲しいと思いました。
前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

最近の記事

隠れ家的、ロマンチックな美術館 09.13.
パリで見つけたこんなもの
おしゃれなラブホテルのテラスでランチ 09.05.
パリで見つけたこんなもの
マレ地区でタイムトリップ、カルナヴァレ美術館 08.21.
パリで見つけたこんなもの
中華街のど真ん中でカジュアル・フレンチ・ディナー 07.30.
パリで見つけたこんなもの
ジヴェルニー~モネの家を訪れる 07.10.
パリで見つけたこんなもの


s