サイトトップ 前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
2010.12.14.更新

パリ・ランチクルーズ8:知る人ぞ知る隠れ家的ビストロ

通りにひっそりとある小さな店構え

赤い外観が目印
赤い外観が目印
 おしゃれなカフェやレストランが集まるバスティーユの西、フェデルブ・シャリニの裏通りにひっそりと構えるア・ラミ・ピエールは、地元のパリジャンが通う穴場的存在のビストロ。ワインのセレクトも評判が良く、ワインバーとしても人気です。

 ランチは前菜+メインか、メイン+デザートにコーヒーがついて14.5ユーロ。それぞれ2種類ずつとメニューは多くありませんが、子牛や子羊の煮込みなどトラディッショナルな料理が中心で、プレゼンテーションも凝ったものというよりは、シンプルで無骨な印象です。

シンプルな料理が特徴

壁一面に飾られたワインボトルが圧巻
壁一面に飾られたワインボトルが圧巻
 そして、ここの看板メニューともなっているのが、りんごのタルト、つまりタルトタタンです。これが目的で来る人も多いということから、今回はデザートコースで決まり。本日のメインはバヴェットステーキとマテ貝のホイル焼き。バヴェットは、牛の腹部の肉で筋の弾力がある食感が特徴の庶民的な食材、マテ貝は細長い形をした珍しい貝で、その形からフランス語でハサミの意味の「クトー」と呼ばれています。

 それぞれ複雑なフレンチとは違い、素材の味が感じられ、ワインとさわやかなハーブの香りがほんのりと伝わってくるナチュラルな味付けが良い感じです。
赤ワインソースが食欲をそそるバヴェット
赤ワインソースが食欲をそそるバヴェット
長細いマテ貝は、ビストロでは珍しい食材
長細いマテ貝は、ビストロでは珍しい食材

タルトタタンはぜひ味わいたい逸品

濃厚な甘さがやみつきになるタルトタタン
濃厚な甘さがやみつきになるタルトタタン
 そしてお目当てのタルトタタンは、しっとりとキャラメリゼされたりんごがのって、とろけるような甘さ。フランスではお決まりのクリームと一緒に味わうと、クリーミーなコクが更にプラスされて濃厚な味わいに変わります。

 ワインと食事を楽しみに夜人が集まることが多いので、ランチは以外と穴場なのでおすすめ。素材をそのまま生かした料理は、肩肘はらずにふらっと入れる食堂のような存在として、これからも重宝しそうです。

A l'Ami Pierre  ア・ラミ・ピエール
http://www.ami-pierre.com/


【住所】5, rue de la main d'or 75011 Paris   TEL01 47 00 17 35  
前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

最近の記事

隠れ家的、ロマンチックな美術館 09.13.
パリで見つけたこんなもの
おしゃれなラブホテルのテラスでランチ 09.05.
パリで見つけたこんなもの
マレ地区でタイムトリップ、カルナヴァレ美術館 08.21.
パリで見つけたこんなもの
中華街のど真ん中でカジュアル・フレンチ・ディナー 07.30.
パリで見つけたこんなもの
ジヴェルニー~モネの家を訪れる 07.10.
パリで見つけたこんなもの


s