サイトトップ 前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
2010.10.11.更新

パリのイベント6:ビートたけし展覧会「落書き小僧」

ちょっと前になってしまいますが、パリで開催されていたビートたけしの展覧会に行ってきました。この展覧会の前後には、フランス文化勲章のコマンドゥールを授与され、有力左派紙リベラシオンの一日編集長を担当したりとパリではタケシ一色に染まった期間でした。

フランスでは神扱いの北野武

楽しい仕掛けの展示が迎えてくれる
楽しい仕掛けの展示が迎えてくれる
 この文化勲章をみてもわかるように、フランス人の北野好きは異常とも言えるほど。思い出すのは、私が2000年にフランスに住み始めた時のこと。日本人とわかるやいなや「菊次郎の夏は見た?最高だよ!」と何人のフランス人に話しかけられたことか。

 実はその時まだ見ていなくて、あわててパリの映画館に見に行った思い出があります。「菊次郎の夏」はその年のカンヌ映画祭でパルム・ドールこそ逃したものの、フランスでかなり高い評価を得た映画です。

 それまでは暴力を中心に描いた、どちらかというと暗い作風だったのに対し、この映画は家族の絆や子供の成長といった、今までとは違った穏やかな作風が、いわゆるシネフィル(映画狂)ではない一般的な人たちの心を掴んだのだと思います。

お笑い芸人としてのビートたけし

たくさんの寿司がつまっている大きな魚!
たくさんの寿司がつまっている大きな魚!
 既に何人か展覧会に行ってきた日本人に話を聞いてみると「お笑い一色だった」とのこと。フランスでは、当然のことながら映画監督・北野武として有名であって、もともとはお笑い芸人だということは知られつつも、具体的にどんなお笑いをしているのかを知っているフランス人はかなり少数派です。

 しかも、お笑いというのはその国独特の文化やセンス、言葉を反映するものなので、国が違うと理解するのはなかなか難しいものです。日本ではいまだに絶大な人気を誇るたけしのお笑いですが、それをフランス人にはどう伝えるのか?そして彼らの目にはどう映るのか?大変興味がありました。

わかりやすく、ちょっぴり毒の効いたたけしの笑い

絞首刑に失敗した理由。ブラックユーモアたっぷりで個人的にはこれが一番好きでした
絞首刑に失敗した理由。ブラックユーモアたっぷりで個人的にはこれが一番好きでした
 会場は、パリの左岸にあるカルチェ財団。現代美術中心の企画展専門の美術館です。ガラス張りのモダンな建物は、フランスが誇る建築家ジャン・ヌーヴェルの作品。入口へ入ると、すぐに日本人の方がフランス語と日本語の両方のコピーを渡してくれます。

 最終週だけあって、夜間にも関わらずたくさんの人で賑わっていました。私が見た限りでは、その時はフランス人しかいませんでした。

 地上階にさまざまな「笑い」を表現した展示、地下には日本のたけしの番組や絵の展示、中二階には笑える書道の展示、そして外の庭にも日本の伝統文化を元ネタにした展示があり、バラエティに富んだ内容。

フランス人の反応は?

お祭りのような雰囲気なのも、下町出身のたけしならでは
お祭りのような雰囲気なのも、下町出身のたけしならでは
バカバカしい笑いはフランス人にも伝わっていました
バカバカしい笑いはフランス人にも伝わっていました
 まず視覚的に訴え、横にフランス語の補足説明がしてあります。説明しすぎると冷めてしまうし、かといって見ただけでは何のことなのかわからない。笑いというのは一瞬のタイミングの勝負ということもあり、これはかなり考えたのではないか……と想像します。

 さすがに展示を見てゲラゲラ笑っている人はいませんでしたが、地下で上映していたお笑いウルトラクイズのバカバカしさには皆吹き出していました。映画監督としての北野武ではなく、彼のルーツであるお笑い芸人としてのビートたけしの一面が、フランス人にも伝わっているようで嬉しかったです。

FONDATION CARTIER  フォンダシオン・カルティエ
http://fondation.cartier.com/
メトロ4号線Raspail または 4・14号線Denfert-Rochereau
11h-20h 火曜日は22hまで
月休

【住所】261, boulevard Raspail 75014 Paris   TEL01 42 18 56 50  info.reservation@fondation.cartier.com
前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

最近の記事

隠れ家的、ロマンチックな美術館 09.13.
パリで見つけたこんなもの
おしゃれなラブホテルのテラスでランチ 09.05.
パリで見つけたこんなもの
マレ地区でタイムトリップ、カルナヴァレ美術館 08.21.
パリで見つけたこんなもの
中華街のど真ん中でカジュアル・フレンチ・ディナー 07.30.
パリで見つけたこんなもの
ジヴェルニー~モネの家を訪れる 07.10.
パリで見つけたこんなもの


s